携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 のうきんととで学ぶ 初詣 お寺の参拝マナーとお参りの作法

a0019082_22175467.jpgはい、 ととです。
昔書いた記事「正しい参拝マナーと作法」を改修しまして、神社用とお寺用に分けました。御利益リスト/厄年早見表も作成しましたので興味あリましたらどうぞ。

関連記事リンク
  >>のうきんととで学ぶ 「初詣!神社の正しい参拝作法とマナー」
  >>のうきんととで学ぶ 「神社名からわかる御利益リスト」
  >>のうきんととで学ぶ 「仏さま名からわかる御利益リスト」
  >>のうきんととで学ぶ 「男性女性沖縄厄年早見表」


a0019082_1961371.jpg
【1年の計は元旦にあり!(`・ω・´)】
a0019082_2221491.jpg初詣[ はつもうで ]:その年、神仏を初めて詣でる事を指します。
七五三や縁日、(その年の初めての参拝なら)【夏でも初詣】ではありますが、初詣といえば正月でございますお。

詣でる相手は神様仏様( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)゚∀゚)´-`)
a0019082_22232189.jpgとうぜん、お参りの作法とマナーは存在します。
正式な作法を周囲に教えてあげれば思わず関心されるかも? 正式な作法を知っとくと、御利益がアップするような気がしますだろ。

【諸仏の名称から分かる御利益リスト】
a0019082_18305680.jpg初詣・参拝に行ったら願い事をお祈りしますよね? 寺ごとに祀られている仏様は御利益の得意ジャンルが違います。参拝客が多いから商売繁盛の仏様のところで合格祈願? ・・・願いを聞いてくれるかもしれないけど、少し効きめが弱そうな気がするものです。

a0019082_18313514.gif
お寺の名前に「観音」って入っていれば観音様が祀られていると判りますが、お寺の名前で多いのは「地名+寺」ではないでしょうか?
これでは希望する御利益を与えてくれる仏様を探すのは一苦労というもの。
そこで代表的な仏様を御利益リストにまとめました。

a0019082_1834446.jpgリストの使い方
1)希望する御利益の仏様をリストから探す
2)「仏様のお名前 地名 寺」で検索。

これで希望する仏様が祀られている寺が検索できると思います。

a0019082_18381722.jpg
また、リストには「生まれ干支守り本尊」欄も付けています。
生まれ干支守り本尊(十二支御守本尊)とは、十二支/生まれ月により、守護してくれる仏様が居られます。
その守護してくれる仏様のことを「守り本尊」といいます。
守り本尊を頼って、行く寺を探すのも良いかと思います。
(*画像クリックで大きくできます)

a0019082_2152411.jpg
a0019082_1918286.jpg
【参拝に行きましょう】
a0019082_22415090.jpg1.まずは山門で一礼から
境内に入る前に山門前で軽く1礼するのがマナー。 これは山門が聖域と外界の分かつ境目であり、聖域へ入る際の仏に対しての挨拶を意味します。仏様の住まう場所へお邪魔するわけですから、まずはその礼儀です。

a0019082_19185852.jpg
a0019082_22481281.jpg2.手水舎で身を清める
手水舎(てみずや)とは柄杓(ひしゃく)で汲んだ水で身を清める場所です。
 *手水舎は神道に由来しているので手水舎が無い寺もあります。

●手水舎手順
 *水を汲むのは1回のみです
1)右手で柄杓(ひしゃく)を持って水を汲み、左手を洗う
2)左手で柄杓を持誓えて右手を洗う
3)右手に柄杓を持ち替えて左の手のひらに水を受け、口に含んですすぐ

 *口に含みが正式ですが生水に抵抗ある方は唇を濡らす程度でも良い。
4)口ですすいだ水は静かに吐く。
5)左手を洗う
6)柄杓を立てるように持って柄の部分に水を流す
7)柄杓を元の場所にふせて置く。
8)最後に一礼。


a0019082_19193242.jpg
a0019082_2254335.jpg3.ローソクやお線香を奉納する場合。
お線香の場合
神仏の食べ物とされており、なるべく立てて奉納する
お線香は隙間を広げて火にくべれば火が点きやすいです。
ローソクの場合
他人のローソクの火で点けない。
【注意】他人のロウソクから火を点けるとその人の「 業 」を貰うとされています。

a0019082_1827113.jpg
a0019082_2325522.jpg4.いよいよ参拝。
本堂に向かいます。 参拝する場所は本堂の外か中になります。(お寺によって違うようです) お寺の参拝作法は「合掌後に1礼」ですお。

お堂の外で祈る場合
1)身なりを正す(帽子は取る)
2)軽く会釈をします。
3)賽銭を納める
4)鈴や鰐口(ワニグチ)があれば鳴らす
5)胸の前で合掌して祈願。

 *祈願の時にまずは無事来れたことの報告後に願い事を頭に浮かべましょう。
 *お経や真言を知っているなら合掌のまま唱える
 *「願わくは、この功徳(クドク)をもって、あまねく一切に及ぼし、我等と衆生の皆とともに仏道を成ぜんことを」と唱えても良い
6)1礼して退く。

お堂の中で祈る場合
1)身なりを正して仏像の前に座る。
2)香が焚いている場合は、焼香をする。

 *焼香回数は3回。大勢いる場合は1回でも良い。
3)自分の宗派の数珠を手にして、合掌して祈る。
 *祈願の時にまずは無事来れたことの報告後に願い事を頭に浮かべましょう。
 *お経や真言を知っているなら合掌のまま唱える
 *「願わくは、この功徳(クドク)をもって、あまねく一切に及ぼし、我等と衆生の皆とともに仏道を成ぜんことを」と唱えても良い
4)1礼して退出する。

a0019082_19415919.jpg*仏様ごとに真言が定められていて、1礼の際、真言を唱えることが正式とされています。真言の案内看板がありましたら、真言を頭に思い浮かべて祈願します。
 【注意】神社のように拍手を打つのは失礼にあたるので注意しましょう。
 【注意】お賽銭は放り投げない。お願いする方に向かって物を投げる人はいませんよね?

a0019082_1918286.jpg
a0019082_2371546.jpg5.帰り道も山門に一礼
山門をくぐったら回れ右→「お邪魔しました」の気持ちをこめて、山門に一礼します。


a0019082_2381047.jpg正式な作法としてはこんな感じです。ただ、神仏習合(しんぶつしゅうごう)の名残でお寺でも2礼2拍手1礼のところがあったり、参拝作法が異なる例もあります。(出雲大社の2礼4拍手1礼) そんな時は案内看板があると思いますのでそれを参考にしてください。

a0019082_23113428.jpg
ここではスタンダートな例を挙げているだけでして、1礼だけでも間違いではなく、お参りをする心が大事なのです。

[PR]
ランキング参加しています。
応援クリックよろしくおねがいします('・ω・`)ノシ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村へ投票

by 55-kintoto | 2017-02-04 19:03 | 正しい参拝作法とマナー | Comments(0)

<< FF15クリア-感想 のうきんととで学ぶ 仏さまの御... >>


全てのペーヂは 著作権により保護されています。
絵やなんかをコピーして、自分やおともだちのデスクトップ上に
置いとくより【すっごいこと】をしちゃらめだお(´・ω・`)ガルルル・・・
リンクフリー
です。
あしあと帖にコメント残していただければ相互リンクも受け付けますお

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVランキング