携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 08 無駄な諸費用カット

【諸費用カット】
第1章でも書いたクルマにかかってくる諸費用の話。
大まかに以下のとおり。

・概算諸費用(B)
  Bの内訳

  ①自動車税
  ②自動車取得税
  ③自動車重量税
  ④消費税
  ⑤自賠責保険
  ⑥納車費用
  ⑦代行費用

  ⑧法定費用


このなかで④消費税と⑦代行費用を減額させることは
可能=値引きにつながります。

代行費用の内訳
・納車費用・・・・納車をする際の、代行料金。
・車庫証明・・・・車庫証明取得代行料金。
・行政書士料・・・行政書士への代行料金。
・査定費用・・・・下取り査定費用。
・下取り費用・・・下取り車所有権の移転・廃車の
         手続き代行料金。
・登録代行手数料・すべての書類を陸運事務局へ
         提出する車登録代行料金。
・消費税


各販売店によって多少の違いはありますが、
代行諸費用だけでも50000円程度請求されます。
さて、無駄な支払いはないでしょうか?
一つずつ見ていきましょう

--------------------------------------------------

【納車費用】(5,000~12,000円)
 店側の言い分は「工場出荷状態からガソリン補給、
整備点検して納車するまでの必要経費」だそうです。

ではディーラーに聞くが、
野菜を入荷して洗浄・棚だしする費用を
別で取る八百屋がいるのか?


法律的にも契約した時点で安全で不具合のないクルマを客に
届けるために無償で整備点検する義務が発生するはずだ。交
渉の余地あり。
いちおディーラーを擁護すると「納車費用=その店に直接収
入としていれることのできるお金」なので=「社の方針」と
いうところも少なくない。
それでもカットできる店はありますし、訪ねる価値はあります。

-------------------------------------------------

【車庫証明】(12000~15000円)
 車庫証明書は検査登録と違い自分でとることは難しくない。
自分で取得すれば法定費用2500円(軽は500円)だけですむ。
ただし、所轄の警察署に2回は足を運ばなければいけない。
ここはセールスマンと仲良くしてサービスでやってもらうのが
ベスト。納車費用よりはごねられずにカットできるはず。

--------------------------------------------------

【行政書士費用】(約5000円)
 車庫証明を自分でやるのであれば、行政書士は必要ないし、
魔法の言葉で「書類の書き方を教えて」とか言えばセールス
マン的にめんどくさいですからカットに応じやすい。という
か行政書士にたのんでいるディーラーってあるの?

--------------------------------------------------

【下取り車の査定費用】(5,000~6500円)
 無料査定なんていまどきどこでもしてくれます。しかし、
車購入時にだけ査定費用請求されるのもおかしな話。
交渉の余地有り。

--------------------------------------------------

【下取り費用】(5000円)
 メンドウなので任せましょう。やり方を書いてもいいんで
すが誰もしないでしょうし・・・。

--------------------------------------------------

【登録代行手数料】(15000円)
 個人でできないことはない、が、非常にメンドウ。登録に
関しては納車をスムーズに進めるために任せた方がいいでしょう。

--------------------------------------------------

【消費税】
 さすがにカットしろとはいえないが、10万円値引き
させれば5000円カットできたのと一緒。
値引き交渉がんばりましょう^^

--------------------------------------------------

【注意点】
 商談時にこれらの代行料金カットと車体値引きは切り
離して値引きの交渉をした方がいいでしょう。でないと
その事を計算に入れられて値引き条件を出してきて押し
切ろうとします(要、見積書熟読)

同じ10万円引きでもその中身が大事です。

--------------------------------------------------

【付録:車庫証明の取得方法】

1)自動車保管場所証明申請書

2)・駐車場の名義が自分の場合
  「保管場所使用権原疎明書面」(自認書)、

 ・月極駐車場等他人の管理地・家族所有の場合
  「保管場所 使用承諾証明書」

3)配置図
4)所在図(地図のコピーでも良い)
5)下取りする車の保管場所と
 購入する新車の保管場所が同じな場合
 「代替え証明書(ディーラーが下取りする証明書)」
 (↑この書類は地域によっても違うので注意必要)



1)から5)までをそろえて管轄の警察署の車庫証明窓まで
持っていく。約一週間後に何も無ければ証明書が出来上
がるので、
・2500円の証紙代(地域によって違う)
・認めの印鑑
・預り証を持って警察窓口まで取りに行く。
「自動車保管場所証明申請書」に記入する項目(型式・
フレームナンバーetc.)は、販売店に聞く必要がありま
す。警察により若干手続きが違うので、要電話確認。



       ε=ヾ(;゚д ゚)ノ"・・・→-目次- へスキップ
[PR]
ランキング参加しています。
応援クリックよろしくおねがいします('・ω・`)ノシ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村へ投票

by 55-kintoto | 2005-02-13 23:23 | のうきんととで学ぶ新車値引き | Comments(0)

<< 07 閑話休題-販売システム- 09 実践値引き交渉 >>


全てのペーヂは 著作権により保護されています。
絵やなんかをコピーして、自分やおともだちのデスクトップ上に
置いとくより【すっごいこと】をしちゃらめだお(´・ω・`)ガルルル・・・
リンクフリー
です。
あしあと帖にコメント残していただければ相互リンクも受け付けますお

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVランキング