携帯GPS地図『マッピー』提供ブログ用アイコン01 8)内部被曝 2つの基準 ICRP ECRR

8)内部被曝 2つの基準 ICRP ECRR
a0019082_21565187.jpg
前回の「 実効線量係数 」について、
もう少し説明するだろ。
実は2団体から実効線量係数が示され、
2つの基準があるだろ。

それがこれだ。
左がICRP右がECRRのものだ。
a0019082_2072687.gif

a0019082_20101845.jpgずいぶん数値が違うお。
前回の暫定基準値(米1kg ヨウ素131 500ベクレル)で換算すると
ECRRの方は大人でもすごい被曝量になるお。
a0019082_208549.gif

a0019082_2151771.jpg
まぁ・・・それには理由がある。
まず、2団体の大雑把な紹介するだろ。

a0019082_20145352.gif
■ICRP 国際放射線防護委員会
ICRP(国際放射線防護委員会)はイギリスの民間非営利団体(NPO)だろ。問題は、国際原子力機関や経済協力開発機構原子力機関などの原子力機関をはじめ、イギリス、アメリカ、欧州共同体、スウェーデン、日本、アルゼンチン、カナダなど原発推進派が助成金を拠出していること。被曝を正当化表現しようとする動きがみられる。書籍等情報メディアで主に使われている実効線量係数は【 ICRP準拠 】だろ。

a0019082_20151811.jpg
ECRR 欧州放射線リスク委員会
ECRR( 欧州放射線リスク委員会 )はベルギーに本部を置く市民団体だ。問題は「 反核市民団体 」。ICRPの提示する係数と比べてかなり高い。
a0019082_20253421.jpg

つまり、原発推進派団体ICRP原発反対派団体ECRR
立場が違えば基準も違う、利権が絡めば意見も変わるだろ。

a0019082_20265374.jpg正しい数値で正しくこわがりたいお
避けれる被曝は避けたいだけだお
利権のためじゃなく、誠意で動いてほしいお。

=めも(・ω・)============================
a0019082_20284425.jpg筆者は「 学ぶ放射能 」のために多くの書籍やサイトを閲覧してきたが、たいてい成人の係数でのみ数値を示して「 安全 」を強調していたのには疑問だ。「フェア」じゃない、幼児のデータも載せるべきだ。データというのは最悪を想定しないと意味がない
==================================
[PR]
ランキング参加しています。
応援クリックよろしくおねがいします('・ω・`)ノシ
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村へ投票

by 55-kintoto | 2012-05-06 20:28 | のうきんととで学ぶ放射能 | Comments(0)

<< 3)外部被曝と内部被曝の違い 関越道バス事故 リスクとコスト >>


全てのペーヂは 著作権により保護されています。
絵やなんかをコピーして、自分やおともだちのデスクトップ上に
置いとくより【すっごいこと】をしちゃらめだお(´・ω・`)ガルルル・・・
リンクフリー
です。
あしあと帖にコメント残していただければ相互リンクも受け付けますお

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVランキング